松山駅~八幡浜駅周辺の見所

道後温泉のシンボルといえるのが、道後温泉本館。
100年以上を経た三層楼の重厚な建物で、国の重要文化財だ。
1階には大衆浴場の神の湯、2階には高級な霊の湯があり、湯上がり後は浴衣に着替えて大広間や個室でゆっくり休息できる。
また、夏目漱石が愛用した「坊ちゃんの間」もあり、ちょっとのぞいてみるのもいいだろう。
近くには松山が生んだ俳人・歌人である正岡子規の記念博物館もある。
ケーアウト(K-OUT) 口コミ 効果

松山駅を出発した列車は、向井原駅からは海岸沿いを行く伊予長浜駅回りと、後に開業した内陸部を行く内子線周りルートに分かれる。
内陸部ルートは向井原駅~内子駅までが予讃線、内子駅~新谷駅までが内子線で、新谷駅~伊予大洲駅が予讃線というのだから複雑だ。

合流点の伊予大洲駅のある大洲市は伊予の小京都と呼ばれ、明治・大正時代の土蔵が立ち並び、風情たっぷり。
ここから4つ先の八幡浜駅は日本で一番長い半島の佐多岬半島の玄関口だ。
エミオネ薬用プレミアムアクネケアローション ニキビ 化粧水

もっと見る

飯山線の魅力

島崎藤村の「千曲川のスケッチ」や高野辰之の「故郷」に郷愁を覚え、野沢温泉で裸の付き合いを心ゆくまで楽しみ、十日町の雪まつりに酔う。
信州から越後への旅は、さまざまな思い出を心に刻む。
一望百景は効果なし 口コミ

飯山線は長野から新潟にかけての千曲川(信濃川)沿いを、平地と深い山間を縫いながら走る。
起点の豊野駅から飯山駅にかけては、島崎藤村が紀行文「千曲川のスケッチ」に描いたようなのどかな農村風景が車窓を流れ、スキー場でも知られる野沢温泉を過ぎる頃には高い山が迫り、列車はトンネルとトンネルとをつないで走る。
妙高山トンネルを抜ければ、終点の越後川口駅。
全長96・7km、31の駅がある。

信越本線と飯山線が分岐する豊野駅。
秋も深まりを見せると、赤く色づいたリンゴが収穫の時期を迎える。
長野でも屈指のリンゴの産地だ。

列車は豊野駅を出発して一路、飯山を目指して走る。
遠くには信濃の山々がそびえ、沿線ののどかな農村風景とコントラストを描いている。
バターコーヒーの作り方と効果

もっと見る